茶室事業

  • 文化意識の啓発事業
  • 文化活動の奨励事業
  • 文化情報の収集提供事業
  • 茶道文化会館および茶道文化の普及に関する事業
  • 地域の伝統文化等の継承・保護に関する事業
  • その他目的を達成するために必要な事業
  • 茶席予約

あ・うんの数寄講座
「第2回 茶の湯をさらに楽しむ夏期講習」 

茶の湯をさらに楽しんでいただきたいと、各分野の専門家の先生を講師に迎え、5回シリーズで夏期講習を企画致しました。財団茶室の「晴松亭」広間を会場とし、気軽に質疑応答ができるようにと寺子屋形式で少人数の講座にしました。1回の講座は約2時間。基本的に5回の講座がセットになっておりますが、席に余裕がある時のみ単発での参加を受付けます。

場所:財団茶室「晴松亭」広間
時間:午前の部10:30〜、午後の部14:30〜の2回開催
参加人数:各定員30名
参加費:10,000円(5回セット券)、高校・大学生は5,000円

講座の日程と内容【講師(敬称略)と演題】

7月11日(月)「得庵コレクションと野村美術館」谷 晃(野村美術館館長)
7月30日(土)「茶碗との語らい−飲みたい茶碗 点てたい茶碗」千 宗屋(武者小路千家家元後嗣)
8月28日(日)「仏教と禅」松山 大耕(妙心寺退蔵院 副住職)
9月3日(土)「利休の言葉」熊倉 功夫(MIHO MUSEUM館長)
9月4日(日)「諏訪蘇山と青瓷」諏訪 蘇山(陶芸家)

[実績]
あ・うんの数寄講座
「茶の湯をさらに楽しむ夏期講習」講師(敬称略)と演題

平成27年度 第1回

8月2日(日)「茶碗の楽しみ方について」赤沼 多佳(三井記念美術館 参事)
8月8日(土)「茶杓の見どころと削り方」池田 瓢阿(竹樂会 主宰)
8月16日(日)「羽箒について−鳥種と茶人の好み」下坂 玉起(羽箒研究家、日本鳥学会・茶の湯文化学会会員)
8月23日(日)「古筆の読み方と鑑賞のしかた」名児耶 明(五島美術館 副館長兼学芸部長)
9月5日(土)「春夏秋冬の禅語にまつわる 一行の解説など」泉田 玉堂(大徳寺530世凌雲室老師猊下)

[実績]
あ・うんの数寄大茶会

平成17年〜平成26年(全10回開催)